沿革

1963年
大村精機株式会社沿革 10月
大村啓一が大村精機株式会社を設立
資本金100万円で営業を開始。
高圧ガス関係のバルブ・調整器・プロパン加圧バーナーおよび特殊バーナーの製作販売を行っていました。
40年以上経った今でも当時の製品の支持は根強く、バルブ、バーナーに関しては、今も変わらず提供中。多くのプロの現場で使われ続けているロングセラー製品となりました。
1972年
2月
成長めざましい半導体業界への進出
半導体産業の発展に伴い、それに対応した特殊ガスボックスやボンベ架台の製作、配管工事の請負を開始。
1992年
10月
クラス1000のクリーンルーム(ファクトリーⅡ)を開設
半導体メーカー向けの高質な配管ユニット、ガスパネルの製作を開始。
1994年
装置技術部設置、中古半導体製造装置の再生事業開始 クラス1000のクリーンルームを活かし、日本で一番最初に、本格的な中古半導体製造装置の再生事業を開始。
1996年
2月
大村一彦社長(現職)就任
中古半導体製造装置の再生事業が順調に伸び、先代から受け継ぐ形で現大村一彦が社長に就任致しました
1997年
9月
創業者 大村啓一会長死去
それに伴ない、大村美枝子が会長就任(現職)
株式会社アイエヌジー沿革 3月
株式会社アイエヌジー 設立
半導体製造装置にかかわるサービス業務を株式会社アイエヌジーに、それ以外の既存事業を大村精機に残し分離。
1998年
9月
川崎メカニカルセンター開設
国内トップクラスのメカニカルセンターを川崎に開設。
2002年
ISO9001取得 品質マネジメントシステム取得。
2003年
2月
本社社屋再築
老朽化した本社を土台から再建築しました。
2008年
10月
熊本営業所開設
2009年
大村技研株式会社沿革 6月
大村精機株式会社と株式会社アイエヌジーが再統合、大村技研株式会社として発足
発足時代の変化に対応するために、2社を再びひとつに統合しました。それぞれが培った独自の技術を併せ、総合力を活かしたサービス提供体制へ。
1月
ISO14001取得
2011年
6月
会津営業所開設
2012年
4月
ISO50001取得
2012年
10月
会社設立50周年
2014年
ISO22301取得
2016年
阿見メカニカルセンター開設
2017年
三重営業所開設
会社設立55周年